« 石川:舳倉島の神々3 | トップページ | 【特集】石川:舳倉島の神々1 概要 »

2013年11月 7日 (木)

石川:舳倉島の神々4 『奥津比咩神社』と境内社

舳倉島の神々 舳倉島七社(石川県輪島市) 『奥津比咩神社』

奥津比咩神社(おくつひめ)
奥津比咩神社は、船倉島七社の総本社で、「西宮」や「舳倉権現」とも言われます。かつての鳳至郡 延喜式九内社の一。

現在は少数の定住者がいる舳倉島ですが、近代に至るまでは漁の時期のみ渡島する、一斉渡島を取っていました。その際、漁を始める前にそれぞれの組が管理する社に集まって安全祈願をし、それが終わってからこの 奥津比咩神社に全組集って1年間の決まり事を決裁する、「仲間通夜」を行っていました。

20131031img_0261
島の総本社だけあって、堂々たる構えです。

20131031img_0246  20131031img_0248
社自体は近年のものと思われます。 

境内社の大和田神社
20131031img_0247

なお、各ページの解説は輪島市設置の案内板を参考にしております。

« 石川:舳倉島の神々3 | トップページ | 【特集】石川:舳倉島の神々1 概要 »

東海北陸・甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1870592/53865516

この記事へのトラックバック一覧です: 石川:舳倉島の神々4 『奥津比咩神社』と境内社:

« 石川:舳倉島の神々3 | トップページ | 【特集】石川:舳倉島の神々1 概要 »